ネットを活用して色々な疑問などを解決していこう

NURSE

獣医も必要

 近年家庭で猫な犬などのペットを飼う方が増えており、それに伴って獣医師の需要や求人数が増加しています。そのため医学部を卒業した場合でも就職先が見つかりやすい傾向がありますが、求人に応募する時の注意点を紹介します。  獣医師で働くということは患者が人ではなく猫や犬などとなりますので、普通の医師免許では求人に応募することが出来ないです。獣医師の資格や免許を取得するためには、獣医学部で勉強をして無事に卒業をすることが条件です。この点を時々勘違いしている方がいるため、基本的なことですが患者対象が異なるため注意が必要です。また逆に獣医師の資格や免許を持っている方が、一般内科や皮膚科などの求人に応募することも出来ないためこれも認識が必要です。

 子供のころペットを飼っていたことがある方が、獣医学部に進学をして獣医師となって社会貢献をするケースがあります。そこで動物病院で獣医師として勤務する際に、事前に知っておくと役に立つ情報があるためそれを紹介していきます。  動物病院での患者というと猫や犬といったペットが中心となりますが、場合によってはインコやフェレットなどのケースもあります。近年このような小さな動物を飼う傾向が増えているため、猫や犬以外も診察出来る知識や技術が必要となります。なので獣医師になったからといってそれで終了ではなく、動物病院に勤務後も毎日勉強をする心構えがポイントとなります。そうすることによって色んな動物の症状を把握できるようになり、来院者や看護師の信頼を集めるきっかけにもつながります。

Copyright (c) 2015 ネットを活用して色々な疑問などを解決していこう all reserved.